ドッグフード 食べない

今与えているドッグフードで本当にいいの?

ドッグフード

ドッグフード選びで悩んでいませんか?

粗悪なご飯は与えたくないので、ドッグフードには気を付けますよね。
・信頼している獣医さんがおすすめしてくれるフードを選んでいる方
・ネットの口コミなどの評価の高いフードを選んでいる方
・信頼しているペットショップおすすめのフードを選んでいるという方。
・人間の食べ物をあげるより、ペットフードのほうが健康に良いはずと、量販店でドッグフードを購入されている方。
いろんな方がいますよね。でも、大事なのは、飼い主さんが『ドッグフードのことを理解して選んでいる』ということです。

 

責任をもって選んであげましょう!

 

私の体験

獣医さんに進められるがままにドッグフードを購入。犬たちにとってもベストであると疑わなかった。おいしくなさそうに食べるが、健康のことを考えるとこれが一番!でも、食いつきの悪さが気になるのでドッグフードを頻繁に替えていた。
結果、食糞、床なめなど問題行動や、アレルギー、フケなどの症状が出ていた。

 

ワンちゃんたちが大好きなご飯をおいしく食べてほしい、そして、健康で長生きしてほしいという思いでドッグフードのことを調べています。皆さんの参考になれば幸いです。

ペットフード安全法って、何?!

ペットフード安全法ができた理由

平成19年に有害物質のメラミンが混入した原料を使ったペットフードで犬、猫の大規模な健康被害が発生した。アメリカで起こったこの問題は、日本にも波及し、日本での被害はなかったものの、ペットフードの安全に関する法律への関心が高まった。

 

ペットフード安全法とは?

平成21年に施行されたペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)というのは、国内で流通するペットフードの安全を守るための法律です。罰則規定を設けて、消費者が安心して購入できるように構築されています。

 

ペットフード安全法に基づいて原材料や原産国などを明記しなくてはならなくなっています。特に原材料を見て内容をかくにんすることが重要です。

ペットフード安全法で守られているから安心?!

ドッグフード

ペットフード安全法の4に「基準・規格に合わないペットフードの製造等の禁止」という項目があります。これまでのように有害物質が入ったようなドッグフードはなくなったと考えることができます。

 

しかし、ペットフード安全法があるからといって、本当に犬のために作られたより良いフードかどうかは、別の話です。
だから、原材料名表記をしっかりみることが、あなたの大事なワンちゃんのためには、必須項目となります。

 

犬は雑食で人間の3大栄養素の割合とよく似ています。
人間よりタンパク質を多く必要としているので、良質なタンパク質が入ったフードを食べさせてあげたいですよね。

 

犬も脂肪、タンパク質、炭水化物、ミネラル、ビタミンを食べ物から摂取していかないと健康に生きていくことができません。
そのために毎日のフードが非常に大事なものになります。
ワンちゃんは自分でえらべないので、飼い主さんが責任をもって選んであげましょう!

 

人間と犬の違い
犬は人間との共同生活が長いので雑食性が強くなったといわれています。3大栄養素も人間とよく似ています。犬は、1回の食事で1日分の量のフードを食べることができるぐらい大きな胃袋を持っています。成犬になったら1日1食でいいという根拠となっている理由ですが、あまりお勧めではありません。
犬は、目の前にご飯があれば、おなか一杯になるまで食べてしまいます。肥満の観点からもよくないと思います。また、勢いよく食べすぎてのどに詰まらせてしまうことも考えられるので、2かいぐ来に分けて与えたほうがいいです。

ドッグフードの選び方

総合栄養食とは、犬が必要としている栄養をすべて含んでいるフードです。水と一緒に与えるだけで栄養バランスの調整ができます。
基本的には、総合栄養食の中から選びます。
ドッグフードのタイプは、ドライタイプ、ウエットタイプ、セミモイストタイプ、ソフトドライタイプに分けることができます。扱いやすいのは、ドライタイプです。保存の観点や歯垢が付きにくいという利点があります。
ウエットタイプは、缶詰やレトルトパウチなどのフードで、値段が高く、保存料や添加物が多いイメージがあります。メリットは、食べやすいということです。食いつきがいいのは見ていてうれしくなりますよね。
セミモイストタイプやソフトドライタイプは、ドライタイプとウエットタイプの中間というイメージです。ウエットタイプの水分量が75%程度、セミモイストタイプの水分量は25%〜35%程度、ソフトドライタイプの水分量が10%〜30%程度。

 

おすすめはドライタイプです。管理しやすいのと、安くても無添加で安全性の高いものが購入できるからです。

 

また、ドッグフードの選び方には、ライフステージ別に区分されているものも多く販売されています。哺乳期(生まれて30日ぐらい)からドライタイプを与えることはできませんが、それ以外のライフステージで変える必要性を感じたことはありません。
ライフステージとは、〇哺乳期  〇離乳期  〇成長期  〇成犬期  〇高齢期  に分かれています。

 

どのライフステージでも安心して与えることができる無添加のドッグフードがあります。
食いつきも良くなったおすすめのフードはこちらをクリック↓↓

手作り食の美味しさ×ドライフードの栄養バランス
プレミアムドッグフード『モグワン』

手作りフードについて

手作りフードのメリット

手作りフードのメリットは、飼い主自身が使っている食材、栄養価、調理方法を把握できることにあります。家族同然のワンちゃんの健康を考えると一番いい方法だといえます。

 

手作りフードのデメリット

手作りフードのデメリットは、食材費がかさんでしまうこと。手間暇がかかること。手作りフードに関する知識が必要になること。
かわいいワンちゃんの健康のためにおいしくて栄養バランスの取れたごはんを与えてあげたいと思っていても、そういう余裕が必要になってきます。また、知識がなく、手作りフードを与えるのは、健康被害の危険性があるのでやめてください。

 

手作りフードの注意点

生肉、生魚は要注意!!
犬は肉食だからといっても生肉ばかり与えるのは、栄養バランスが偏ってしまいます。生肉や生魚のまま与えると内部寄生虫が発生し、食中毒を起こす危険性もあります。安全性の面からも加熱処理したほうがいいです。

 

手作りフードを作るときは、犬に必要な栄養価の知識をえてから作ってあげてください。ビタミン、ミネラルは食事から摂取しなければなりません。不足してしまうと健康被害を起こす可能性も十分にあります。
また、食物繊維不足で下痢を起こす、脂肪の過剰摂取で肥満の原因になる、などいろんな面を考慮して手作りフードを作る必要があります。

ドッグフード、犬に必要な栄養とは?

犬に必要な栄養素というのは、人間が必要な栄養素と同じです。
人間と同じ栄養素とは、タンパク質、脂肪、炭水化物が3大栄養素。それに、ビタミン、ミネラル、さらに、水、これが必要な栄養素です。人間と同じといいましたが、比率は違います。
3大栄養素の比率 炭水化物:タンパク質:脂質 人間は68%:18%:14% 犬は60%:25%:15%
犬は本来、肉食性の強い雑食です。タンパク質の比率が高いんです。

 

 

タンパク質
骨や筋肉、被毛、腱や靭帯、軟骨などを作るのに必要なアミノ酸を補給します。タンパク質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。犬が食事で補給しなければならない必須アミノ酸は、動物性たんぱく質にはすべて含まれています。植物性たんぱく質ではすべてが補えないようです。タンパク質源は牛肉、鶏肉、羊肉、魚介、コーングルテンミール、大豆などがある。
タンパク質の役割は多岐にわたります。体を作るだけでなく、情報伝達、輸送、貯蔵、免疫など様々な役割をこなしています。

 

 

脂肪
パワフルなエネルギー源となる。脂質には中性脂肪、複合脂肪、コレステロールなどの有機化合物を指す。すべてが体内で重要な働きをしている。中性脂肪は、体内に貯蔵することができ、必要に応じてエネルギーとして放出できる。
体内で合成できない、食事で補わなければならない脂肪酸を必須脂肪酸と呼ぶ

 

牛脂、豚脂、家禽脂、魚脂、植物油
体温の維持やビタミンの吸収、嗜好性などがあります。また、臓器や細胞膜、ホルモン生成、皮膚や毛のツヤなどにも影響します。必須脂肪酸はリノール酸(オメガ6)で、ベニバナ油、トウモロコシ油に多く含まれています。適度に摂取することが大事です。

 

炭水化物
炭水化物とは、『糖』と『食物繊維』に分けることができる。『糖』は体内をめぐり、体や脳の活動を支えるエネルギーとなる。最も多く必要とされる栄養素で骨格形成、貯蔵、代謝など幅広く活躍している。1gで4kcalのエネルギーとなる。

 

トウモロコシ、小麦、米、じゃがいも

 

 

ビタミン
生物の生存や成長に必要な栄養素のうち、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物をビタミンという。人のビタミンと犬のビタミンは違うそうです。犬はビタミンCを体内で合成できるそうです。ビタミンが不足すると疾病や成長障害がおこります。
体内で合成できないので食事から摂取する必要がある

 

 

ミネラル
犬は12種のミネラルを必要とする。カルシウム、リン、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄分、亜鉛、銅、ヨウ素。
ミネラルは、体の構成材料となったり、生体機能の調整を行ったりする、重要な役割を持つ。また、合成することで酵素などを作る。
体調を維持する役割。体の機能維持

 

 

水分
生命維持のために欠かすことができないもの。いつでも新鮮な水が飲めるようにしておきましょう。

 

ドッグフード、犬に与えないほうがいい食物とは?

ネギ類(玉ねぎ、長ネギ、にらなど)
* アリルプロピルジスルファイドという成分がよくない * 犬の赤血球を破壊を破壊する * 貧血などの症状を起こす * 食した後3日〜4日で症状がでる * 症状は歩くのを嫌がる、すぐ疲れたようにする
キシリトール
* 低血糖を起こす * 嘔吐、歩行困難、内出血、肝不全 * 死に至る場合もある
チョコレート、ココアなど
* デオブロミンがよくない * 中枢神経を刺激する * カカオ含有量が高いほど危険 * 死に至る場合もある
人の薬
* すぐに獣医へつれていく
レーズン、ブドウ
* 嘔吐、下痢、腹痛 * 腎不全に至る場合もある * 理由は解明されていない * 平気な犬もいた
アボカド
* ペルジンがよくない * 実だけでなく、葉、種、樹皮にも含まれている * 嘔吐、下痢、胃腸炎 * 解明できていないことも多い
マカダミアナッツ
* 無気力、嘔吐、高熱、震え、心拍数増加
アワビ、サザエ、トリガイ、トコブシ
* 光線過敏症を発症する * 耳に症状がでる * 壊死する

スルメ
* 胃腸障害 * 元気がない * 胃で膨張し、分解できない状態が続く
生の豚肉
* 寄生虫(トキソプラズマ) * 体重減少、下痢、目の障害
鶏の骨、鯛の骨
* 口内を傷つける * 喉を傷つける * 胃腸障害
アルコール
* 嘔吐、下痢、中枢神経を刺激、震え、昏睡 * 意識障害、血圧低下、痙攣、呼吸障害
カフェイン
* コーヒー、紅茶、お茶、コーラ * 心臓、神経系を刺激する
キノコ
* 肝臓障害、腎臓障害、胃腸障害 * 良いもの、悪いものがある * 野生のきのこの判別は難しい

 

食べすぎはよくないもの

 

トウモロコシ、ナッツ類
* 消化不良 * 下痢
生卵
* 下痢 * 皮膚炎 * 結膜炎

 

 

 

更新履歴